今日も君と一緒に。

ゆうとたっくん、2人の「君」たちと楽しく過ごすrinの育児日記です

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての面接。

2009-10-31-Sat-23:41

来年から入園を希望している幼稚園に

願書を提出に行ってきました。

願書提出と一緒に面接があるのでたっくんも一緒に。

そして、ゆうも暇そうだったので誘って、家族3人で

行ってきました。

着くと番号札を受け取って、控え室へ。

たっくんは普段、かなりのやんちゃさんですが、

ちょっと緊張してるみたいで、比較的大人しく

待ってられました。

 

そして、順番がやってきて理事長さんと園長先生と

ご対面。

 

園長先生 「じゃあ、お名前を教えてもらおうかな♪」

 

たっくん 「お父さん、お母さんと一緒にきました…。」

 

園長先生 「そうだね。お父さんとお母さんと一緒にきてくれたんだね。

        じゃあ、お名前は?」

 

たっくん 「 〇 〇 × × です。」

 

園長先生 「じゃあ、お年は何歳かな?」

 

たっくん 「…。2歳です…。」

 

私   「たっくん、2歳だっけ?」

 

たっくん、両手を必死で準備して、

 

たっくん 「3歳です♪」

 

面接はこんな感じで終了して、無事願書を提出してきました。

 

たっくんかなり緊張してたんだと思います(笑)

 

というのも…。

朝に、たっくんから今日はどこに行くの?と聞かれたので

来年から通いたいなぁって思ってる幼稚園に

お願いしますってごあいさつしに行くんだよ。

 

だれときましたか?って聞かれたら

お父さんとお母さんと一緒にきました。

 

どうやってきましたか?って聞かれたら

車できましたって答えるんだよ。

 

ちゃんと言わないと、たっくんはこなくていいです!って

言われちゃうからね!って言っておいたんです。

 

というのも、前に面接の練習で先生に聞かれた時に

名前や年はちゃんと答えるけれど

どうやってきたの?には

「飛行機に乗ってきた」とか「ライオンにのってきた」

 

だれときたの?には

「おじいちゃん!」とか「お父さん!」と答えてて、

そうやって答えると、他のママたちや先生に

ウケルというのに味をしめちゃって、

いつ聞いてもふざけて答えるので

念をおしておかないと本番でもやっちゃう、と私的には思ったんです。

 

でも、私が思ってた以上にそのことが、たっくんにはプレッシャーだったようで、

お父さん、お母さんと一緒にきた!、車できた!を言わなくちゃということが

頭の中でグルグルかけめぐり、必死だったみたいで…。

カチコチに緊張して、必死で答えてるのをみると

かわいいし、おもしろいなぁと思って…。

終わった後に、ゆうと一緒にその話で盛り上がりました。

いや~。人生初の面接。

良い思い出になりました。

 

って…。

園長先生の質問に明らかにとんちんかんな

答えをしていたたっくん。

入園してもいいよ♪ の通知書はもらえるのかな…。

なんか、心配になってきました…。

 

 

 

 

 

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。