今日も君と一緒に。

ゆうとたっくん、2人の「君」たちと楽しく過ごすrinの育児日記です

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院日記。 NO.2

2008-05-07-Wed-00:32

4月21日。(入院2日目)

8:00 入院してはじめてのごはん。

    昨日のお昼ご飯から何も食べていないので

    おなかがすいていたのか、パクパクと全部食べてくれました。

 

9:00 主治医の先生が診察にきてくれて

     「退院は熱が下がったらね!4日ぐらいはかかりそうだね…。」と…。

     そんなに入院しないといけないとは思っていなかったので

     若干ブルーに。

 

     その数十分後、もう一人の小児科の先生も診察にきてくれました。

     どうやらこの病院では、主治医の先生だけではなく

     他の先生もみてくれるらしい…。

     そうしていると朝の検温も始まって4人、看護婦さんが

     お部屋の中へ。

     なので数分の間に、人口密度がものすごいことに…。

     検温にきてくれる看護婦さんは一人だと

     思っていたのでちょっとびっくり!

     この病棟ではAチーム、Bチームと分かれて

     患者さんを受け持っていて、患者さんの情報を

     共有するという意味で、どうやら2~3日に1回のペースで

     チームから3~4人の看護婦さんが一緒に検温にきてくれるらしい…。

     

     検温の時に、今日の検査についても説明してくれ

     喉がものすごく赤く、白い膿もでてきているので、

     アデノウイルスか溶連菌に感染している可能性があるので

     組織の培養検査をすることに。

     それと2時に脳波の検査があるので、

     それまでは絶対に寝かしちゃダメ!ということに。

     

10:00~1:30     この寝かしちゃダメ!がそうとう大変で

               薬を投与しているのでやっぱり眠くなるらしく

               寝そうになるたっくんをあの手この手で、無理やり

               起こそうとしていると、さらにたっくんの機嫌が悪くなったり…。

               この日も熱が38.5~40.7度の熱がでていて、

               その熱によっても機嫌が悪くなり

               たっくんも私も、ものすごくストレスになりました。

 

               朝に採取した組織の培養検査の結果がでたので

               先生が結果を伝えにきてくれました。

               その結果は…。

               なんとどちらかに感染しているのではなく

               アデノウイルスと溶連菌両方に感染しているという結果でした。

               この結果を受けて、今日の2:00から、

               午後2:00  午後9:00  午前6:00の

               間隔で退院まで抗生物質の投与が決定しました。

 

               たっくんをだっこして病棟内をおさんぽしたり、部屋の中で 

               おもちゃで遊んだりして、12:00に昼食。

               でも、たっくんは1~2口食べてごちそうさまとなりました。

               お昼前に40.7度と、すごく熱が高かったので、食欲もなかったようです。

               あまりにも熱が高くなっているので、この時解熱剤を使用。 

     

 1:30~4:00    たっくんは、なんとかお昼まで、寝ずにいてくれて、

              看護婦さんから検査の30分前の1:30に自然に寝そうだったら

              もう寝かしてもいいよという許可をもらったので、

              お昼寝開始となりました。

              

              (自然に眠らなければ、眠たくなる薬を、シロップor座薬で

               使う予定でした。朝の検査の説明の時に、最近

               薬などを警戒して、飲まないのでシロップはムリかも…。

               ということを伝えていたので、看護婦さんが先生と

               相談してくれ、座薬を用意してくれていました。)

 

              朝から寝ずにがんばってくれたおかげか、すぐに寝てくれたので、

              そのまま検査室へ。

              途中で起きた場合は、準備してくれていた座薬を

              使ってね。ということで座薬も持っていきました。

 

              まずは脳波検査をして続いて聴力の検査。

              脳波の検査はだいたい30分~40分。

              頭にクリームをつけてたくさんの電極を

              つけて検査します。

              音も痛みもないので、眠ってくれさえいれば

              がんばれそうです。

              

              聴力の検査はだいたい15分~20分かかりました。

              耳にヘッドホンをして、音を流して計測し、

              それが終わればまた違う周波数の音を流して

              計測します。たっくんの場合は2種類ぐらいだったかな。

              

              脳波、聴力の検査の間、たっくんは爆睡で、ピクリとも動きませんでした。

              そして、検査も無事終了して、機械を取り外してもらっていると

              ちょうどたっくんがお昼寝から起きました。

              頭に検査用のクリームがついてベタベタだったので

              髪を洗ってもらってちょっとすっきり。

              そして技師さんから検査結果の用紙とカルテをもらって、病棟に帰りました。

4:00~6:00      検査も終わったので、ゆうにたっくんをまかせて

              私はお風呂にはいったり、洗濯をするために一時帰宅。

              その間たっくんはゆうとたくさん遊んでもらったみたいです。

              そうしていると夕食の時間になりましたが、またもや1~2口食べて終了。

 

6:00~9:00     それからも熱が落ち着いているときは車のおもちゃで遊んだりと 

              機嫌もいい。

              でも熱があがってくるとしんどいのか、ぐずって泣いたり、怒ったり…。

              そして、機嫌がいいと気にならないけど、機嫌が悪くなると

              左手にはいっている持続点滴が気になるようで、

              無理やりのけようとしてみたり、ゆうや私に点滴はずして!と

              腕をさしだすようなしぐさをしていました。

              たっくんは、両手とも指しゃぶりをするけれど、

              どちらかというと右手で指しゃぶりをするほうが多いので

              大丈夫かなぁと思っていましたが、こういう時ほど

              できない方の指を吸いたいらしく、なだめるのに

              苦労しました。

              

              こういった機嫌が良い、悪いの波が、普段と比べると短い時間で、

              ずーっと交互にきている感じでした。

              

              9:00の検温で40度をこえていたので

              解熱剤をいれてから寝ることに。

 

9:00~12:00     薬が効いて楽になったのか、そのまま就寝。

 

12:00~6:00     昨日は何回も起きたけれど、今日は2~3回起きただけ

              なのでだんだんよくなってきたのかなぁ。

              解熱剤も使用せずに朝まで過ごせました。

              でも、先生の説明では、もう少し発熱は続きそうな感じ…。     

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。